湘南平移動運用 2019.12.01

無線通信業務
12 /05 2019
2019年12月1日(日)
20191201-01
20191201-02
9月28日以来、久しぶりに湘南平へ行きました。
上の駐車場は満車。下の駐車場からの最短ルートは工事中。迂回路で展望台へ。

20191201-03
20191201-04
20191201-06
13時より第1205回板橋ロールコールが湘南平で開催!
前夜の横浜で「湘南平でやりませんか?」とお誘いしました。
私はキー局が運用するところを見ながら湘南平の風景を満喫。
天気がよくて、いるだけで落ち着きます。
デジタル小電力コミュニティー無線→特定小電力無線→市民ラジオ→デジタル簡易無線の順で開始。最近、湘南地区でもデジタル小電力コミュニティー無線を運用する局が増えたようで、LCRだけで40分以上かかりました。

20191201-09
手前が浅間山。その向こうが高麗山。登山靴を履いておらず山歩きは断念。

20191201-07
カナガワHR17局が特小でチェックイン。

20191201-08
彼が無線を始めるきっかけとなった特定小電力無線機。
特小の終了後、ヨコハマAA815局の横浜市旭区こども自然公園臨時レピータにアクセスを試みますが、残念ながらつながらず。
たぶん撤収された後だったものと思われます。

20191201-10
キー局の市民ラジオはシンワSH-702J。無線機らしいデザイン。

20191201-12
私はICB-870Tを使用。当然ながら59over。

20191201-14
富士山に「傘雲」がかかると雨になるそうですが、翌日は雨。見事に的中。

20191201-13
終了は完全に日没後。お疲れさまでした。

【本日のQSO】
デジタル簡易無線
・カナガワLE111 大磯町
・カナガワAC288 大磯町
・いたばしAB303 平塚市

特定小電力無線
・いたばしAB303 平塚市
・とうきょう13924 秦野市

市民ラジオ
・いたばしAB303 平塚市

アイボール
・いたばしAB303
・かながわCG61
・カナガワHR17
・ショウナンJB231
・カナガワLE111
スポンサーサイト



2019年11月 鳥取帰省(9)

RAILWAY
12 /04 2019
2019年11月18日(月)
新幹線代替列車
特急やくも12号は約45分遅れで岡山駅に到着。途中の車内アナウンスで「岡山駅でのぞみ130号に乗換」するように案内がある。乗換時間は7分程度。慌てて新幹線ホームへ向かう。岡山駅では駅員が大声で誘導していた。
「11、12、14号車に乗って、その後、車掌の誘導に従ってください!...」
とりあえず、のぞみ130号に乗車。そこそこ混んでいて、12号車に何とか着席。車掌が来て「11号車の6Dに座ってください」と告げられる。何とか席は確保できたようだ。伯備線の「空転」も、新幹線の代替列車も、初めての経験だ。

20191117-25
平塚市内。いつものお散歩コースを新幹線の車窓より眺める。
16時53分、のぞみ130号は定刻で東京駅に到着。
のぞみ24号は16時13分到着、常磐線ときわ号への乗継が10分だったので、ときわ特急券を「座席未指定券」にしておいたのは正解だった。仮に指定席券にしていた場合でも、乗継特急列車の遅れを申し出れば、座席は確保してもらえたものと思われる。東京駅17時23分発ときわ81号は定刻に友部駅到着。
荷物を自宅に置いて一目散に「うまい・安い・早い」のお店に向かった。

サンライズ出雲を含めて車中1泊境港4泊6日の鳥取帰省。
初めての方との出会いあり、いつものメンバーとの語らいあり。
「山陰BCLの集い」のおかげで、またひとつ、想い出をつくることができた。
(おしまい)

2019年11月 鳥取帰省(8)

RAILWAY
12 /03 2019
2019年11月18日(月)
列車遅延の原因「空転(くうてん)」とは?
特急やくも12号は米子駅を定刻3分遅れの10時29分発車。途中駅で入替わりの停車はあるが、岡山駅には定刻での到着見込み、との車内アナウンスがあった。
ところが...である。生山~上石見間で列車は急停車。
車内アナウンスによれば「空転(くうてん)」による停車だという。「空転」?一体、空転とは何ぞや?

空転(くうてん)とは、鉄道車両や自動車などの車両において、車輪(駆動輪)が1回転しても車両が車輪の1周分の距離を進まなくなる(空回りする)ことをいい、車両の正常な運行に支障を来たすことである。要するに車輪がスリップしている状態。
当日の天気は下り坂で、米子駅出発後、雨が降ってきた。しかも、強めの風。濡れた落ち葉がレールに付着して空転が発生したものと思われる。
生山~上石見間は中国山地に向かう上り坂。どうもたびたび空転が発生しているようだ。少し進んではガクッンという衝撃音とともに停車。これの繰り返しである。この状態は40分以上続いた。これまで伯備線は数えきれないほど利用していたが、今回の「空転」は私にとって初めての経験だった。

その後、何事もなかったかのようにやくも12号は通常の速度で走行を開始。途中の新見駅で遅れ時間は43分。これでは岡山駅での新幹線のぞみ24号への接続は不可能。車内アナウンスでは「代替列車を確保する」とのことだったが、非常に不安だった。

20191117-23
時刻は12時を大きく廻り、新幹線車内で食べる予定だった幕の内弁当をいただく。地元の食材を多く使った駅弁「伯耆物語」。食べることができてよかった。
(つづく)

2019年11月 鳥取帰省(7)

RAILWAY
12 /02 2019
2019年11月18日(月)
「危機一髪」の弁当購入
茨城へ向かう日の朝、9時33分の境線境港発米子行きに乗車。
出発の3分前に境港駅に到着した列車は、定刻の9時33分になってもなかなか発車しない。「ヤバい…」心の中でつぶやく。単線の境線、途中駅で反対列車の入れ替わりがあるので時間の挽回は難しい。
6分遅れて米子駅に到着。ちょうど岡山行き特急やくも12号の発車時刻ではあるものの、やくもも遅れている様子。

実は米子駅で駅弁を買う予定だった。特急やくも12号は来ていない。
売店のおばちゃんに「幕の内弁当ある?」と問うと、「1つある」との返事。
千円札を渡して待つが、おばちゃんはなかなか現れない。そして特急やくも12号が到着。「おーい、おばちゃん、早くしてくれ!」発車ベルが鳴る中、おばちゃん登場。何とかギリギリで幕の内弁当「伯耆物語」を確保。こんな危ない橋はもう2度と渡りたくない、本当に危機一髪だった。
20191117-21
ところが、この後、この米子駅での危ない状況下での弁当確保が正解だったと思える状況に遭遇したのである。
(つづく)

2019年11月 鳥取帰省(6)

無線通信業務
12 /01 2019
2019年11月17日(日)
毎度・マイド・の「同窓会」
この日も7MHzの運用を行う。Twitterでつぶやいて告知。
相変わらずお空の状態はNG。近くのエリアが聞こえない。
見ていただいた方々からお声がけをいただく。交信できた方あり、できなかった方もあり。いばらきAY48局、ヨコハマAA815局と交信。
帰省中の4日間で合計152QSO。少し消化不良かな?

20191117-13
20191117-12
夜は中学校時代の同級生と同窓会。

20191117-14
同窓会の前に時間があったので「水木しげるロード」を散策。ライトアップされていい雰囲気。「妖怪」がいなかったら誰もいなかった...と思われる(笑)。
同窓会では私を含めて中学生時代の男女6人が集まって約4時間。
毎度のことだが、これも帰省の楽しみのひとつである。
帰省の度に集まってくれる同級生に感謝...
(つづく)

Tottori U42

1981年1月14日開局。BCL、市民ラジオ、アマチュア無線(JE4OFK)、特定小電力、デジタル簡易無線を楽しんでいます。鳥取県出身。神奈川県在住。現在、茨城県に単身赴任中。湘南平を拠点に、丹沢、大山、筑波山などで運用しています。