郵便料金

無線通信業務
06 /30 2015
2015年6月30日(火)
宇都宮に戻ってきました。
昨日、最寄の郵便局からQSLカード約120枚を発送しました。
3月まではヤマト運輸の「メール便」を使っていました。
廃止になってからは郵便を利用しています。

定形外郵便で送るつもりで窓口に出すと、料金400円とのこと。
500g以内=400円。
重さを量らずに窓口に出しましたが、重さが290gだったら・・・
250g以内=250円と、定型郵便物50g以内=92円に分けることができます。

しかし、面倒なので「レターパック」を使おうとしたら、近くにチラシが・・・
「スマートレター」という商品があります。

A5版のファイルが入るサイズ。180円。
QSLカードなら2枚並べて入れるとちょうどいいサイズです。
今回は約120枚送りましたが、もう少し入りそう。
追跡サービスはありませんが、BUROには届くでしょう?
普通郵便も追跡サービスはありませんから。

ただ、今のところ首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)および静岡県、愛知県、大阪府でしか取り扱いがないそうです。順次拡大するとのことですが・・・
この倍の量を送るのなら「レターパック」ということになりますか?
ヤマト運輸のメール便に及びませんが、選択肢の一つと思います。


なお、この「スマートレター」を買うのに、62円切手3枚を使いました。
62円×3枚=186円ですが、切手1枚につき5円の手数料が掛かります。
スマートレター180円、手数料15円なので9円の追加でOKでした。
スポンサーサイト



昭和から平成へ(追記)

無線通信業務
06 /29 2015
2015年6月29日(月)
机の中を整理をしていたことろ、500円玉を発見!



昭和64年の500円玉。
昭和64年は1月7日まで、7日間しかありませんでした。
これって、ちょっと価値ある??
500円の価値はあるでしょう(笑)。




私は元JARL終身会員。現在は「ライフメンバー」です。
その時の会員証です。昭和64年1月7日。昭和最後の日。

昭和末期から平成に元号が変わった当時は、地元の境港にも小さな無線機屋さんがありました。そこにローカル各局が集まってお喋りしていました。
あのころは楽しかったなぁ・・・と、当時を思い出します。

追記
昭和64年の500円硬貨について調べました。
7日しかなかった昭和64年でしたが、500円硬貨は相当数発行されているようで、特別な価値はないようです。
想像ですが、硬貨の年号は実際に製造した年が刻印されるのではないのでしょうね。
何しろ7日間しかなかった昭和64年ですから・・・

ハムフェア

無線通信業務
06 /28 2015
2015年6月28日(日)
今朝は「なでしこ」で睡眠不足です。
昨日、よこはまJA298局との交信で、晴海開催時代のハムフェアの話に。
私の記憶では1995年から有明の東京ビッグサイトへ引越ししたと思っていました。

私は1990年に岡山県倉敷市から神奈川県に転居。
アマチュア開局当時からハムフェアに行きたいと思っていましたが、初めて行ったのは1992年でした。
古い資料を調べてみると、1995年はまだ晴海でした。
それほど空調の効いていない会場は熱気ムンムンでしたね。




1996年の資料は残念ながら発見できず。
捨ててはいないと思うのですが・・・
当時生後6ヶ月の娘を連れて、ゆりかもめに乗って有明へ行った記憶があります。
なので、東京ビッグサイトで開催されるようになったのは1996年から。
間違いないと思います。




1999年から3年間はパシフィコ横浜で開催されています。
当時、現在の赤レンガ倉庫北側、ワールドポータース東側付近の駐車場の存在を知らず、パシフィコ横浜の駐車場に停めてしまい、高額の駐車料金に涙しました(泣)。

いろいろ資料を調べるうちに、第1回板橋ロールコールの開催日が1999年1月2日であることが判明。今日の開催が第807回。このペースで開催されれば再来年には第1000回を迎えそうですね。




おなじみのAIR TALK 2001年版。
AIR TALKとなってからは4冊目、ということでしょうか。
36ページにわたる豪華版。登山運用のノウハウ満載。
巻末には「ラジオの解体 ぼくの肥・私の肥」も収録。
これらの資料、バラバラに保管しているので、集約したいと思います。

ぷらざ

My LIfe
06 /27 2015
2015年6月27日(土)
「ぷらざ」ときて、ピンとくる人はどのくらいいらっしゃるかな?
「編集手帳」、「人生案内」に続いて目を通す、読売新聞のコラムです。
今年の3月にはこんな記事もありました。

宇都宮へ行ってから、平塚への帰還は3週間に1回のペース。
3週間分溜まった新聞。全て目を通すことは相当な時間が掛かります。
でも、勿体無い。朝刊月額約3700円也。
せめてここだけは・・・という訳です。

2015年6月26日付けの「ぷらざ」は「墓参り 見上げた空は」。
栃木県70代女性の投稿。心に響きました。
亡くなった夫への愛情と感謝の気持ちが伝わってきます。
どちらが先になるかわからないけど、何時かは別れがきます。
寂しいけれど、前を向いて生きていこう、という思いなのでしょう。
そんなことを考えながら、自分のことに置き換えてみたり。
人生の喜怒哀楽、まだまだこれから・・・と思いました。

自宅にて

無線通信業務
06 /27 2015
2015年6月27日(土)
天気予報は思いのほか外れました。
しかし、気持ちの切り替えはできず、HF、6mの運用は断念。
予定通り?家で休養しています。

午前中、自宅から430MHzでローカル局とQSO。
今度、近くの焼き鳥屋で一杯やりましょう、ということになりました。
実現するといいのですが・・・例の焼き鳥屋です。
午後、このBLOGを書いている最中、DCRでCQを受信。
カナガワYK54局(鎌倉市移動)と1st-QSO。
自治会の集まりまで、まだしばらく時間があります。
これで十分満足ですが、この後も気が向けば電波を出すかも?

買い物の途中、大山RPTにて、よこはまJA298局とQSO。
6mデルタループの話題に始まり、ハムフェアの思い出話に。
交信の中でハムフェアが晴海から有明に移転したのは1995年と申し上げました。
しかし、調べてみると、どうも1996年からのようです。
間違ったことをお伝えしてしまい、申し訳ございませんでした。
もう少し調べてみます。

Tottori U42

1981年1月14日開局。BCL、市民ラジオ、アマチュア無線(JE4OFK)、特定小電力、デジタル簡易無線を楽しんでいます。鳥取県出身。神奈川県在住。現在、茨城県に単身赴任中。湘南平を拠点に、丹沢、大山、筑波山などで運用しています。