文化放送と言えば…

BCL
11 /28 2016
先週のニュース。ネット記事からの抜粋です。


フリーアナウンサー吉田照美(65)がパーソナリティーを務める文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」(月~金曜、午後3時30分)が来春に終了することが11月21日、分かった。

吉田は同局で、81年10月から「てるてるワイド」など冠帯番組(月~金曜)を途切れることなく続けてきたが、36年半で終止符を打つことになる。日本を代表するラジオパーソナリティーの声がいったん、ラジオから毎日聴けなくなる。

80年10月から途切れることなく続き、幅広い世代から人気を得てきた吉田の帯番組が来春、文化放送からなくなる。

同局は「吉田照美 飛べ!サルバドール」は、来年3月末前後を最終回にする方向で調整している。関係者によると同番組の終了は、文化放送出身の吉田やみのもんたのような人気アナウンサーを育成していくため、同局が決断したという。同局は日刊スポーツの取材に対し「さまざまな要素から総合的に判断した」とだけコメントし、終了を認めた。

 ◆吉田照美(よしだ・てるみ)1951年(昭26)1月23日、東京生まれ。早大政経学部卒業後、74年文化放送に入社。「大相撲熱戦十番」などでリポーターとして活躍した後、78年4月から人気深夜番組「セイ!ヤング」のパーソナリティーで人気に。その後、80年10月から「てるてるワイド」など帯番組を担当。85年3月の退社後はテレビにも進出。同年からフジテレビ系「夕やけニャンニャン」の司会を担当した。趣味は油絵。血液型O。


私が夢中になって水曜深夜の「セイ!ヤング」を聞いていたのが1979年ごろ。
吉田照美さんのパワフルなメッセージは、私だけでなく全国の中高生の心をつかんでいたに違いありません。
当時、照美さんは30歳に満たない若さ。若さゆえのパワーだったんでしょうか?
代表的なのは、この歌です。どちらも懐かしい...



1985年、夕焼けニャンニャンに照美さんが登場したのを見て少し違和感がありました。私のなかで吉田照美さんは「ラジオの人」だったから。

文化放送と言えば、吉田照美。たとえフリーになっていても。
その照美さんがラジオをやめる...ちょっと寂しいニュースでした。
この記事にあるように「いったん」であることを信じています。
スポンサーサイト



ああ 上野駅

RAILWAY
11 /27 2016

2016年11月27日(日)
昨夜は湘南地区無線局忘年会でした。
参加された各局、お疲れさまでした。
今回初めて藤沢で開催。
集まり易さで好評だったので次回も藤沢かな?



さて、茨城へ引越ししてから今回が3回目の帰還。
宇都宮滞在中は上野東京ラインのおかげで乗換なしで往復できました。

しかし、今では最低1回の乗換が発生します。
常磐線快速下りは上野または品川が始発のようです。
時間帯により上野始発に乗りますが、結構混雑しています。今日も混んでいました。
今のところ座れなかったことはありませんが、今後はそういう場面もあるかも。

上野駅はかつての寝台特急発着駅。

1度だけカシオペアと北斗星に乗車できたことはいい思い出です。
久しく乗換で利用していませんでしたので、最近はちょっと新鮮な気分。




「くじけちゃならない人生はあの日ここから始まった」
上野駅で「ああ 上野駅」の一節を思い出しながら乗換をしています。

さそり座のTottori U42の運勢 (2016年11月26日)

My LIfe
11 /26 2016
2016年11月26日(土)快晴。
天気はいいのですが、それほど気温が上昇していないようで寒いです。




これは昨日(25日)の朝の写真。
近くの山肌には前々日(24日)の雪が残っています。




そして快晴の今朝。山の雪はほとんど消えたように見えますが...




よ~く見ると、まだ解けていない雪が残っていました。
近くに愛宕山という手軽な移動運用地があるようなので、後日行ってみます。

ところで...




結果をブログに書け!...と言われているようなので。
そうよ私はさそり座の男。


さそり座のTottori U42の運勢は59点! (2016年11月26日)

総合:
言葉のセンスがさえる一日。誰かに話したくてウズウズするような、おもしろいことがありそう。メールやSNSで仲間に披露すると喜んでもらえるでしょう。また、ブログやサイトを開設するのにも、とても良いタイミングです。あなたの体験や思いを人と分かち合って、良いエネルギーをみんなに届けましょう。それは必ず幸運な出来事になって、あなたのもとに戻ってきますよ。また、面倒な用事は後回しにせず、早めに片づけると一日が充実します。

恋愛:
予想外の発見がある日。ただし、マイナスの発見ということも。異性の中であなたのことを誤解している人がいて、ショックを受けるかもしれません。でも、この機会に誤解が解ければ、その相手があなたに恋心をいだくこともあるでしょう。

金運:
安定している金運に満足できそう。日ごろの努力が報われていることを実感できるはず。

仕事:
人から学ぶことが多そう。「人のふり見て我がふり直せ」をひそかな合い言葉に。

ラッキーアイテム:シトラス系のオードトワレ
ラッキーカラー:あい色
ラッキースポット:海岸
ラッキーレジャー:水の生物に親しむ
ラッキーグルメ:みたらし団子



縁起がよさそうに思えるのは無線好きのあなた!
私が通っていた学校では、この点数ですと単位がもらえませんでした。

2016年秋・1年ぶりの大山(番外編・その3)

無線通信業務
11 /26 2016
2016年11月13日(日)大山移動運用の番外編その3。
この日に限って...ということはありませんが、この日も何度かありました。

ブログ友達のJK1HAF局はプリフィックスの「JK」を「JI」と間違われたそうです。
私の場合、ミドルレターの「F」を「S」によく間違われます。
CQを出すときには必ずフォネティックコードを最低1回はアナウンスします。
それでも残念ながら、間違われることが多いのです。

交信の冒頭で相手局が自局のコールサインをフォネティックコードで呼んでもらえると安心します。間違っていたらそこで訂正できます。心配なときは交信の途中でもフォネティックコードでIDを流すなどの工夫をしたりしますが、交信が冗長になるので、あまりやりたくはありません。


自身の発音が悪いのか?...と思うことしきり。
コールサインには愛着がありますし。
電話ならではの悩みですけど、これも交信の楽しみの1つと考えましょうか?(笑)

デジタル簡易無線用アンテナの話

無線通信業務
11 /25 2016
2016年11月25日(金)
先日(13日)の大山移動運用で、山頂からは運用しなかったデジタル簡易無線。
6m、11mに夢中で運用の余裕がなかったこともありますが、当然のことながら業務使用も多く、標高の高い山頂では混信のため使いものにならない場合もあります。
しかしながら、総合通信局に登録申請をして、電波利用料まで払っているデジタル簡易無線。うまく使えば十分楽しめるジャンルであると私は考えています。

その代表的な使い方がモービル運用。
ライセンスフリー無線と言われる市民ラジオ、特定小電力は、モービル運用ができなくもありませんが、総合的に考えると不向きです。パーソナル無線はモービル運用を意識した無線ですが、あと4年ほどでBANDが取り上げられてしまいます。
デジタル簡易無線はモービル運用で威力を発揮する、そんな気がします。

これまでも、鳥取の実家へ帰省する際の高速道路運用で楽しむことができました。
今回の大山移動運用のときも、かごしまGL90局と行き帰りの道中でラグチュー。
各局におかれましても、有効に活用されてください。

さて、予てから検討していたデジタル簡易無線車載用アンテナを購入しました。




第一電波工業のMR350Sです。
平塚自宅の車には3/4λのMR350を載せています。
茨城自宅の車には載せていませんでしたので、かなり前から考えていました。
今回もMR350を買おうか迷いましたが、小回りの利く短いアンテナにしました。
MR350は、立体駐車場など、場所によっては外さないと入れない場合があります。
MR350Sなら、1/4λ、全長22cmなので、私の車の車高と合わせても2m以下。
大概の場所でも大丈夫と思われます。

車では付属ホイップアンテナでの運用も多くありましたが、大幅に改善されることが期待できそうです。茨城ー平塚間の移動は、今のところ電車を利用していますが、今後は車での移動もする予定。デジタル簡易無線を運用しながら走ることができます。


You Tubeの「ももチャンネル」でMR350Sが取り上げられているので、ご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、リンクを貼っておきます。


Tottori U42

1981年1月14日開局。BCL、市民ラジオ、アマチュア無線(JE4OFK)、特定小電力、デジタル簡易無線を楽しんでいます。鳥取県出身。神奈川県在住。現在、茨城県に単身赴任中。湘南平を拠点に、丹沢、大山、筑波山などで運用しています。