アマチュア無線局の減少(その2)

無線通信業務
02 /04 2020
2020年2月4日(火)
アマチュア無線局の減少のその後。
前回書いてから20日ほど経過。1日40局以上のペースで減少しています。
2月4日現在、400,919局。
このペースだと2月24日ごろには40万局を割ると予想されます。

携帯電話やインターネットの普及が無線局の減少につながったという話を聞きますが、それだけではなく、いちばん大きい要因は中学生・高校生を中心とした若い世代の「電波や無線に対する興味の薄れ」にあると考えています。
私が無線を始めたころを振り返ると、無線へ誘う「ラジオの製作」をはじめとする雑誌の存在がありました。それらの雑誌は若い世代の心を捉えていて、無線を始めるきっかけとなった人も多かったと思います。言わずもがな私もその1人。

時代によって趣味嗜好は移り変わることでしょう。
これからも可能な限り、電波を使って「偶然の出会い」を楽しみたいですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Tottori U42

1981年1月14日開局。BCL、市民ラジオ、アマチュア無線(JE4OFK)、特定小電力、デジタル簡易無線を楽しんでいます。鳥取県出身。神奈川県在住。現在、茨城県に単身赴任中。湘南平を拠点に、丹沢、大山、筑波山などで運用しています。