アマチュア無線を楽しみましょう!

無線通信業務
02 /17 2020
2020年2月17日(月)
2月4日に400,919局だったアマチュア無線局。
2月17日の今日現在で400,381局。13日間で538局が廃止に。
このペースで減少すれば、当初の予想どおり今月末、2月27日には40万局を割り込む計算になります。

私は1983年にアマチュア局を開局。アクティビティの低かった時期もあります。
しかし、交信をしなかった年はありません。36年間、続けてきました。
開局は7MHzで。HF→50MHz→144MHz→430MHzの順番に運用。
CWにDX、コンテストにハマった時期もありました。
今では主に50MHzの移動運用を楽しんでします。

36年も続けられた理由って、なんだろう?
市民ラジオを開局して間もないころ、自宅から2~3km離れた、ほぼ同世代の相手局との交信が楽しくて仕方ありませんでした。
そのときの楽しさが忘れられないからかもしれません。

それから、アマチュア無線で明確な「目標を持たない」のがいいのかも?
私は「普通のQSOをすること」に楽しみを感じています。
DXCCオナーロールとか、WACAとかWAGAとか、達成してしまうと「もういいや...」と無線そのものを止めてしまった人を知っています。達成した次の目標が定められないと長続きしないようです。QRPでチャレンジするとか、モービルホイップだけで追いかけるとかのバリエーションを用意しておくべきですね。

もう一つ、「背伸びしない」。言い換えれば「できる範囲で楽しむ」ですかね。FT-690+DPのシンプル設備、昭和時代の初心者移動運用スタイルを貫いています。山に登るたびに声をかけていただく局も多く、とても感謝しています。

ということで、アマチュア無線の制度がある限り、体力・気力の続く限り楽しんでいこうと思っています。みなさんのお声がけが励みになります。これからも何度でも、どうぞ遠慮なく声をかけてください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Tottori U42

1981年1月14日開局。BCL、市民ラジオ、アマチュア無線(JE4OFK)、特定小電力、デジタル簡易無線を楽しんでいます。鳥取県出身。神奈川県在住。現在、茨城県に単身赴任中。湘南平を拠点に、丹沢、大山、筑波山などで運用しています。